「マレーシア留学」について!!

マレーシアでの就職活動を有利に進めるための「マレーシア留学」について!!

若いうちから規模の大きな仕事に関わったり、いろいろなこと経験させてもらえたりと、
「海外就職」をきっかけにこれまでは得られなかった多くの経験を積むことができるでしょう。
そこで今回は、海外就職に興味がある方やマレーシアで仕事しようかと考えている人に参考にしていただきたい、
マレーシアでの就職活動を有利に進めるため「海外留学」についていろいろとご紹介します!!
 
  •  海外就職、そしてマレーシアで就職をするときに大切になること!

大学を卒業したあとや、数年日本で実務経験を積んだあとに海外就職を目指す人もいれば、
日本で十年以上も働いていて「もう一度大きな勝負がしたい!」とマレーシアへの転職を果たす人もいます。
海外就職、とくに「マレーシア」で働くというときには、必ずしも語学のスキルや仕事で使える能力、
それに経験値だけが評価されるわけではありませんが、
それでも「スキルや能力があることに越したことはない!!」ということも覚えておきましょう。
人に比べてより多くの魅力がある人は仕事の幅や選択肢が増えますし、
自分自身で仕事を選べる立場として就職活動を有利に進めることができるのです。
もしも就職活動をはじめるまえに十分な時間があるのなら、最終的に後悔しないように努力を惜しまず、
常にスキルアップを図っていくことが大切です!
それでは、以下では「マレーシアで就職をするときに大切になること」について見ていきます。
 
1.語学力が高いと仕事の幅が広がる!

社内では英語を使うことの多いマレーシアで働くときには、「高い語学力」があって損をすることはありません!
英語が話せなくても日本人向けのコールセンターや、日本企業への営業活動が中心であれば仕事はできますが、
自分が入りたいと目標にしている企業に入社することはかなり厳しくなります。
もしも英語を話すことができれば、憧れの企業に就職できる可能性も高まりますし、
日系企業だけでなくマレーシア企業や外資系企業への就職も夢ではありません。
言語という壁を取り払うことができれば、すぐに仕事で実力を発揮できますし、
企業が期待する「即戦力」としてバリバリ働くことができるでしょう。
 
2.特別なスキルは海外でも需要が高い!

人と同じことをしているだけでは、自分自身の個性を表現するのが難しいので、
何度面接を受けてもなかなか採用されないといったことがあります。
マレーシアにはたくさんの日系企業が進出していますが、
そのほかにも日本人の優秀な人材を雇いたいというローカル企業や外資系企業もたくさんあります。
マレーシアで仕事を探している求職者の方に多い年齢層は、「20代後半から40歳くらい」までの方です。
実務経験もある程度積み重ねてきていることで評価が高くなりますし、
将来的に活躍してくれると期待を込めて採用されるのがこういった年代の人たちなのです。
しかし!だからといって年齢がマレーシア就職のすべてを決めるわけではありません。
日本では年齢だけで落とされてしまうことがよくありますが、マレーシアをはじめとした海外では
「即戦力として働ける人を優遇」している傾向にあり、年齢よりもこれまでどういった仕事をしてきたのか、
そしてどういった「特別なスキル」をもっているのかということを高く評価するのです。
マレーシアでは製造業の求人がとても多いのですが、そういった環境では
数十年と業務をこなしてきた熟練の技術者の需要がとても高いようです。
また、実務経験や語学力のレベルは高くなくても、「ITスキル」や「WEBスキル」といった
特別な能力をもった人は採用されやすいといわれています。



  LLシステム

音響 広島



callシステム

avシステム・広島のセキュリティシステム